以前大学の薬学部は4年間で卒業するのが一般的でした。薬剤師取得の法律改正により、資格をとるためには6年制の大学に在学することが必要になりました。そのため薬学部は6年制となり、薬学部の学生はより高度な知識をもって卒業するようになりました。


現代の薬学部では薬の人体に対する影響などの医学的な知識だけではなく、コンピュータシミュレーションを用いた新薬の開発などもできるように数理科学や情報科学の知識を習得することもできます。
このように広いまた深い知識を極めることができる薬学部を卒業した学生は、薬剤師として病院や調剤薬局に勤務する以外にも様々な活躍できる場所があります。それらの可能性を考慮して自分の適性にあった就職先を探していくことがよいです。
薬剤師以外の就職先としては、犯罪捜査などで活躍する科学警察研究所や、大手の製薬メーカーの薬開発の研究所などがあります。また数理統計や情報科学の能力を生かすならば、数値解析センターやビッグデータを分析する情報処理センターなども選択肢となります。

※より詳しく知りたい方へ

こちらは薬剤師を目指し就活中の薬学部の皆様に向けた新卒採用に関するページです。健康で、より快適な生活「Quality of life」を求めて、私たちの新薬へ挑戦は続きます。

入社希望(薬剤師の就活中)の皆様へ|採用情報:京都薬品工業株式会社



薬学部の就職は、薬学部にしか受けられない面接も多々あります。
薬学部卒ではないと出来ない仕事が多々あります。薬剤会社への就職もそうですが、病院の薬局や、市販のドラッグストアへの就職も、実は薬学部では無いと就職が出来ない場合が多いです。
ドラッグストアといっても、一般の店員とは違い、薬剤師として受けられるので、給料や待遇等優れている場合が多く、仕事内容もとても楽な事が多いです。


薬学部在籍中は、学費や勉強量も多いですが、その分就職には有利です。薬学部卒だからこそ、欲しいと思う企業は沢山あって、提示される条件も良いものが多いです。
大卒の初任給よりも、薬学部しか入れない企業や、ドラッグストアへの就職をした方が、初任給が高く、福利厚生もしっかりしているケースが非常に多いです。薬学部から入る事の出来る就職先は、残業も無く、定時で帰る事が出来ます。なので、家族サービスもする事が出来て、自分の時間も作れます。

22歳、女性、みゆき

私は薬学部の就活中で、今は薬局を中心に就活しています。

今はドラックストアの就職も魅力と思っているのですが、ドラックストアで働いている友人に聞いたら、土日祝日働かなくてはいけないし大変と聞きました。

説明会でのお話はどの会社も魅力的ですが、いろいろ噂があり、それに左右されています。



26歳、男性、ちょび

薬学部の就活は、困難かと思われましたが、すんなり内定を貰う事が出来ました。


最初は、薬学系の企業就職を考えていたのですが、病院の薬局も良いと友人から聞いたので、
受けたらすぐに内定を貰えました。今ではやり甲斐のある仕事で満足しています。



30歳、女性、ばーにゃ

薬学部に在籍していた頃、薬学部の就活をしていました。

薬学部在籍中は、サークル活動であまり勉強が出来ませんでしたので、就活が心配でしたが、
無事ドラッグストアへの就職が決まりました。結婚して子供が出来た今でも働いてるので、満足しています。



26歳、男性、トリル

薬学部の就活は、在学時代から製薬会社などと結びつきが強いので、求人は探せば案外見つかります。
大学で専門的な分野を勉強しても、全く関係のない一般企業に就職する人も多いです。

しかし、やはり勉強した内容をそのまま職にできたので、楽しいです。

Copyright©2013